「おいしい写真屋さん」による作品展のお知らせや、
書評、日々思ったことなどなど

♯ ふるさと納税

F県S市へ年間数回、ふるさと納税をしています。
返礼品目的です。
高級和牛やらカニといった豪華返礼品ではなく、いたって普通、「米」目的であります。
ではその米の食味ランキングが特Aなのか、というとそうでもありません。
常時5品種ぐらいあり、どれもいただきましたが、美味しいことは確かです。
しかし、唸るほどではなく、毎日食べるには文句ないという食味。
では、なぜこうもこの自治体にだけ集中して米目的のふるさと納税をしているかと申しますと。。。

Amazon並みに、すぐ返礼品が届く。
これに尽きます。

F県S市にたどり着くまで、全国北は北海道から南は鹿児島までさまざまな自治体に、米目的でふるさと納税をしてきました。
返礼品が届くまで平均して2〜3週間、長いところですと、放っとかれていたのか、数か月してこちらから連絡した自治体もあります。
もちろん、この自治体のふるさと納税は対応がお粗末だったのでキャンセルしました。
ふるさと納税とはこんなものかな、と思っていたところ、縁あってF県S市を知り、申し込んだところ、なんと2日後には米が届いたのです。
市からの書類よりも先に、ブツが届いた。
この対応の速さは神レベル、と、それ以降はこの自治体1本に絞り、米はスーパーで買うものではなく、ふるさと納税でいただくものとなっています。
金額に対しても妥当な量で、お得感はそんなにありません。
しかし、この必要なときに必要なものが届く、という安心感が納税を続けさせています。

ゆるキャラグランプリでも、この自治体のゆるキャラが我が家の押しになっています。
 

| 日常 | 22:00 | - | - | | |

♯ デジタルネイティブの方々

所属する研究室の先生が、世界規模のワークショップを開催するので、お手伝いすることに。
もちろん、オンライン。
世界規模なので、もちろん、すべて英語です。
ヘルパーはワタシ以外、全員デジタルネイティブ。
それは承知していましたが、実際一緒にオンライン会議の裏方として働く中で、スゲーぜ、デジタルネイティブ! と思うことしきりでした。

ZoomとSlackを利用して進めていくのですが、使いこなしが半端ないです、デジタルネイティブは。
機能のほとんどを体得してる?と思うほど、彼女、彼らは瞬時にさまざまなことをやり遂げます。

ババ―、ついていけねー。

いや、時間があればついていけるのか。
要は、こちらの理解能力や瞬発力が落ちているから対応が遅いのか。
デジタルネイティブというのは関係ないのか。。。

とにかく、自分の立ち位置を深く実感したワークショップでした。
そしてすぐさまヨドバシへ、最新デジタル機器をチェックしに行ったのであります。
| 日常 | 22:00 | - | - | | |

♯ 今年の学会

6月末から3週連続、週末はなんだかんだの学会でした。
すべてオンライン、つまりZoom学会です。

4月からありとあらゆることがZoomへ移ったので、違和感はありませんでした。
むしろ、移動しなくていいし楽チンじゃん、と実感。
関東支部学会は、これまで参加したことも参加してみようと思ったこともありませんでした。
遠いし、金かかるし、第一強く招かれてないし。
しかし、今回、関東以外からもどんどん参加してね、みたいなメールが届いたので参加してみましたら、なんて
タメになることか!
通常、お目にかからない研究者の方たち、しかもそこはさすが関東、重鎮の方々の発表が手軽に(失礼)聞けるとはありがたい現象です。
しかも、あの先生のご自宅の書斎はこんな感じなのね、と本棚の中を無理無理覗いてみようとしたりと変なところに集中する充実の時間であります。

全国各地の研究者の一番フレッシュな研究報告に触れられるオンライン学会は、今後も続けていただきたいです。
対面で開催されても、オンラインで同時にお願いします。
| 日常 | 22:00 | - | - | | |

♯ ミニトマト

自粛期間の正しい過ごし方として、我が家も家庭菜園を楽しみました。
とは言いましても、トマトだけです。
かれこれ10年ほど前は、オクラやらなんやらをプランターで育てていたのですが、今はそれほど面倒見られる余裕がない。
結局、もっとも重宝したのはトマトだな、それもミニトマトだな、ということでアイコの苗を植えました。
いろいろなトマトを育ててみようと思ったのですが、ホームセンターには欲しかった種の苗がなく、アイコだけに。
赤と黄色、と色だけは2種類にして植えてみました。

ってか、自分ら育ちすぎじゃね?

5月は天候に恵まれたこともあってか、水やりを欠かさず行っていたところ、木のような枝ぶりになるほど成長。
添木が間に合わなくなる背丈になりました。
と、感動していたところ、なんと6月半ばからどんどんどんどん葉が黄色づいてきまして、挙句茶色に。
枯れてきてしまったのです。
水やってたよね、肥料も足してたじゃん、何なの、何やねん。
相方曰く、購入した苗に虫がついていたのではないかと。
そのときに駆除しておけば間に合っただろうが、そのまま植えたものだから、結局枯れてきたということです。

落胆。

糠喜んだ。

美味しいトマトは虫にとっても美味しいということで、食われるのも仕方がない話ではあります。

| 日常 | 22:00 | - | - | | |

♯ 外出自粛で。。。

かれこれ2ヶ月近く電車に乗っていません。
ええ、ええ、世に言う巣ごもり状態です。
ほんの数か月前など、Zoomって何ぞやでしたのに、今ではどんだけお世話になっていることか。
日常の買い物も、すっかり徒歩圏内に収まり、そこで困ってしまった。
4色ボールペンのどれもがカスカスではないか!
研究でも作業でも家事でも何でも、とにかく4色ボールペンを愛用しています。
常に4本程度は平行使用しているのですが、ついにここにきて、どのインクも枯渇し始めました。
近所に百均はあるのですが、どうも我が手との、紙との馴染みがよろしくない。
文房具店で販売しているちょっと値が張る、と言っても500円もしないのですが、そういう4色ボールペンがいいのです。
電車乗って買いに行く?
不要不急じゃね?
大丈夫?
ね?
どうよ?

なぜAmazonという選択肢がないのか、そこがまたまた不思議です。
| 日常 | 22:00 | - | - | | |

♯ 令和2年の桜

花見自粛のこの春。
暖冬の影響で開花は早く、その後、まとまった雨が降らないこともあって、見頃期が長い。
つまり、例年であれば満開を迎えるとなぜか雨が降り、そしてザザザと散ってしまうのですが、今年はヒラヒラと風で散っています。

散歩や買い出しついでに見た桜。
これが今年の花見となりました。


 
| 日常 | 22:00 | - | - | | |

♯ 嘉風効果

嘉風さんと言えば、マニフレックス。
相撲雑誌の広告にも、嘉風さんがマニフレックスの顔となって出ています。
快眠効果、疲労軽減効果が高いイタリアの寝具会社といいましょうか。
ようは、浅田真央ちゃんにおけるエアウィーブみたいな存在の製品を提供している会社です。

先日、相方の枕が老朽化はなはだしく、みすぼらしくなったので買い替えることにしました。
枕専門店でのオーダーも考えたのですが、見積もり価格を見て即保留。
併設するスーパーの寝具売り場を見に行きましたら、マニフレックス製枕を見つけました。
嘉風さん絶賛のマニフレックス。
幕内最年長でまだまだ頑張っている嘉風さんを支えるマニフレックス。
俄然興味が湧き、価格もオーダー枕の半値以下で即買いです。

それから1か月が過ぎ、相方はマニフレックス枕で快眠の日々を送っています。
しつこい肩こりも軽減したと断言しています。
枕でも、マニフレックス効果が相方には出たようです。

そこで、今度はマニフレックスのパッドシーツを試してみることにしました。
通常はベッドに寝ているのですが、自分や相方が風邪を引いたときは寝室を離れ、別室に布団を敷いて寝ます。
そのときに使う布団が16歳となり、頻繁に使わないとは言え、もう煎餅布団になっている状態。
一晩寝るだけで腰に違和感が生じるほどです。
マニフレックスのマットレスを買えばいいのですが、この16年物布団は退職祝でいただいた思い出の品。
センチメンタルになって廃棄できません。
なので、パッドシーツを広げて対応です。

ないない。
腰痛ないない。
しかも、7時間ぐっすり眠れました。

嘉風さんと同じ効果がワタシにも出ているようです。
来客時にもこのパッドシーツは活躍してくれるといいのですが。


 
| 日常 | 22:00 | - | - | | |

♯ 台風からの停電_

結局、我が家は復旧エリアに避難しました。
で、思ったのは、震災などの非常時は、避難できる場所や余裕があるなら、断然逃げた方がいいということです。
とどまって苦しい思いをするより、自分で気楽になる方法を見つけて実行する方が精神衛生上よい。

復旧したらしたでやることは山盛りです。
たまった洗濯を消化するのに3回転。
洗えなかった食器を洗って熱湯消毒。
冷蔵庫内を一掃し、食品を買い出し。

台風の後処理をしている中、テレビから流れるニュースは北海道の地震。
自然災害がひっきりなしの、平成最後の一年です。


 
| 日常 | 22:00 | - | - | | |

♯ 台風からの停電_

●お風呂はつるつるいっぱいまでお湯を張っておく
●懐中電灯は数が多ければ多いほどいい
●電池のストックも多ければ多いに越したことはない
●ウェットティッシュと、滅菌スプレーは災害時の友
●モバイルバッテリーは充電しておく
●紙コップ、プラスチックのカトラリーや割り箸も絶対準備品

集合住宅で停電が起きると、同時に断水となることが多いです。
我が住まいも、お手洗い問題が発生しました。
台風襲来前に、浴槽に熱いお湯を溜めていましたし、賞味期限を過ぎた飲料水を備蓄していたので、一日は凌げました。
しかも、阪神大震災を経験しているので、50回分のポータブルトイレも準備しています。
それでも、停電2日目となると、目減りした浴槽のお湯を見て不安がこみ上げてきました。
いったいいつまでお手洗いは機能しないのだろう。。。

ライフライン格差がストレスを助長していたというのもあります。
わたしの住む街でも、この一区画だけが停電続行中で、50メートルも行かないエリアは、とっくのとうに復旧しているのです。
それこそ、地震当日の夕方には。
窓から見える街並みは、この区画以外はどこも明るく、いつもの日常が繰り広げられています。
こちらは、真っ暗な室内でエアコンもつけられず暑く、スマホも充電が気になるのでラジオからの情報に耳を傾ける夜。
なんか、沈む。
この季節に停電ということは冷蔵庫内の食品はもう食べられず、もったいないなあ、捨てないとなあと考えると、一段とどんよりなります。

関電さんは不眠不休で対処されているので、なんとも言えません。
ただ、この日常の格差にストレスを抱いてしまいました。

 
| 日常 | 22:00 | - | - | | |

♯ 台風からの停電_

きちんと記録しておこうと思う。

9月4日に台風21号が大阪を北上している最中、停電は起きました。
半世紀に一度来るかどうかの超大型台風は、速度も速い。
あっという間に見慣れた街は、暴風にかき乱されました。
ゴミ袋から始まり、トタン屋根、ブルーシート、そして子供用のビニールプールも勢いよく空を駆け抜けていきます。
目の前では、一戸建て住宅の屋根瓦はもちろんのこと、スレート屋根もベリベリ剥がれ落下。
そんな光景、大袈裟なハリウッド映画でしか見たことがありません。
パイプみたいな鈍器になりうるものが家めがけて飛来してきたら一たまりもない。
怖かったです。

スピードが速い分、2時間後には風雨もだいぶん治まりました。
しかし、停電は続きます。
この時点では、じきに復旧するだろうと呑気に考えていました。
火災が起きている現場もありませんし、何より、地震ではなく台風。
近くに土砂崩れを起こすような山もなく、関電さんが確認したら夜までには電力は回復すると信じて疑わなかったのです。

何を根拠に。

と、今となっては甘い見方に呆れます。
結局、40時間の停電を経験することになりました。

| 日常 | 22:00 | - | - | | |
| 1/19PAGES | >>
≡ PROFILE ≡
≡CALENDAR≡
<< September 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
≡SELECTED ENTRIES≡
≡CATEGORIES≡
≡ARCHIVES≡
≡COMMENTS ×
≡TRACKBACKS ×
≡LINKS≡
≡RECOMMEND ×

 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]