「おいしい写真屋さん」による作品展のお知らせや、
書評、日々思ったことなどなど

♯ 竹田城

住所●兵庫県朝来市和田山町竹田字古城山169
築城年●1441〜1444年、1592〜1600年
築城者●赤松広秀
遺構●本丸、天守台、石垣など
山城

山城はやはりいいものです。
登った先に城が(たとえ遺構でも)あると、達成感が違います。
竹田城はその人気からか、道はずっと舗装されていました。
傾斜がきつい箇所はあったにしろ、大変登りやすい城でした。
そして、広がる絶景。
久し振りに、心から山城を満喫しました。
真っ昼間で雲海が見えなくても、満足します。


南千畳
| 日本100名城 | 22:00 | - | - | | |

♯ 広島城

住所●広島市中区基町21-1

築城年●1589年

築城者●毛利輝元

遺構●本丸、二の丸、石垣、堀

平城

 

広島の歴史と言えば、原爆に始まり、原爆で終わってしまいがちです。
しかし、それ以前にも当然ながら、他の地域と同様に戦国時代や江戸時代の歴史があるわけです。
なので、原爆で焦土と化した広島市ですが、広島城の遺跡は残っています。
天守だけでなく、櫓や門も再建され、当時の姿に近づいていっているようです。

広島市は山に囲まれた平野で、しかも戦後に街が区画整理されているので、とても散策しやすいです。
しかも、路面電車も最新型が多く走っていて、これが便利!
広島市は想像以上に満喫できました。

 

 

| 日本100名城 | 22:00 | - | - | | |

♯ 岩国城

住所●山口県岩国市横山3

築城年●1608年

築城者●吉川広家

遺構●旧天守台、石垣、堀など

山城

 

世界遺産を目指す錦帯橋。
渡った先にある山の頂上に、岩国城は鎮座しています。
とは言っても、再建天守ですが。
麓からケーブルカーに乗り、3分で山上駅に。
そこから舗装された山道を10分も歩かずして、天守に到着です。
雨の日に行ったため、その佇まいは幻想的でした。

 

錦帯橋を見下ろす岩国城(山の頂上)

 

| 日本100名城 | 22:00 | - | - | | |

♯ 岐阜城

住所●岐阜県岐阜市金華山天守18
アクセス●JR「岐阜」駅または名鉄「名鉄岐阜」駅よりバスで15分、「岐阜公園・歴史博物館前」下車後、ロープウェーで3分、「ロープウェー山頂」駅より徒歩8分
築城者(築城年)●二階堂行政(1201〜04年)斎藤道三(1532〜55年)、織田信長(1558〜70年)
遺構●天守台、門跡、石垣など

標高329mの金華山の頂に、再建天守がちょこんと乗っかっています(間違っていない表現だと思います)。
岐阜市内のあらゆるところから見え、つまり、天守から岐阜市内を一望できる望楼型です。
信長さんの野心を感じられます。
100名城巡りを始める前に訪れたことがあり、そのときはGWの午後ということもあってか、山頂までのロープウェーに乗車するのに1時間並んで待ちました。
そこまで人気とは、正直思っていなかった。
今回もお盆期間で混雑が予想されたので、朝一でやってきましたら、ロープウェーも城も一番乗りでした。
ちなみに、準備できている人は、ハイキングコースを登って行かれます。

 

 




 

| 日本100名城 | 22:00 | - | - | | |

♯ 金山城

住所●群馬県太田市
アクセス●東武伊勢崎線「太田」駅徒歩約50分
​築城年・築城者●1469年・岩松家純
​遺構●曲輪・土塁・堀切・石垣

山城です。
​現在は手軽なハイキングコースとして、地域では知られているようです。
​車でも頂上まで徒歩20分という場所まで上がっていけるので、運転が好きな方には、ハンドルの切りがいがある山道は人気なことでしょう。
もう少し気温が高くなると、マムシが出てきそうな山でした。

 


 

 
 

| 日本100名城 | 22:00 | - | - | | |

♯ 足利氏館

住所●栃木県足利市
​アクセス●JR両毛線「足利」駅徒歩約10分
​東武伊勢崎線「足利市」駅徒歩約15分
築城年・築城者●平安時代末期〜鎌倉時代初期・足利義兼
遺構●堀・塁

​足利市一門の氏寺である鑁阿寺内にあります。
​といっても、今日、館は存在しません。
​この鑁阿寺が見所満載の歴史建造物なのですが、この寺院を中心とした周辺の街づくりが感じいいです。
こじんまりとした城下町といった雰囲気で、商店に派手さはないものの、新しいものを取り入れ、活性化を図っています。
のんびりした空気が心地よいです。

 


 

 

| 日本100名城 | 22:00 | - | - | | |

♯ 水戸城

住所●茨城県水戸市三の丸
アクセス●JR常磐線「水戸」駅徒歩8分
​築城年・築城者●1214年・馬場資幹
1593年・佐竹義宣
1625年・徳川頼房(家康の11男)
​遺構●橋詰門・切通し・堀

​今年の大河ドラマ「西郷どん」(鈴木亮平演)でも絡んでくる水戸藩。
​「ひーさま」こと徳川15第将軍慶喜(松田翔太)の実父は水戸藩9第藩主斉昭(伊武雅刀)です。
この斉昭さんの存在感が、水戸では強いのなんのって。
​水戸城の隣には、斉昭さんが創立した日本最大の藩校「弘道館」があります。
​こちらの方が、水戸城よりもいろいろ現存していることもあり、観光名所と言えるでしょう。
​で、水戸で観光名所と言えば、日本三大庭園の偕楽園。
​この広大な梅林が見事な偕楽園も、斉昭さんが領民と観梅するために作らせたものであります。
​水戸は水戸城の数少ない遺構よりも、この2カ所の方が歴史を教えてくれる場となっていますです。

 

これは弘道館です

 

| 日本100名城 | 22:00 | - | - | | |

♯ 観音寺城

住所●滋賀県近江八幡市安土町石寺ほか
​アクセス●JR東海道本線「安土」駅より登城口まで徒歩40分、登城口から伝本丸跡まで徒歩35分
築城年●1335年?、1471年?(創築は明らかでなく、『太平記』に記述があるとのこと)
​築城者●佐々木氏頼?(佐々木六角氏)(佐々木六角氏は近江源氏と呼ばれた佐々木氏の4家に分かれた家のうちの一つとのこと)
遺構●本丸・平井丸・池田丸などの石垣

​JR東海道本線の「安土」駅より琵琶湖側に安土城、反対側に観音寺城が位置しています。
​安土山は標高198m、そして観音寺城が築かれた繖山(きぬがさやま)は433mです。
​安土城を登城した後に観音寺城は肉体的にきつかったー。
​そういうわけで申し訳ないですが、途中の桑実寺でスタンプを押して下山しました。
​坊様曰く、ここから更に上ると本丸とのことでしたが、いやいや無理と判断する目の前の森。
なんでも、戦国時代の山城では最大級の規模らしいです。
そだろな。

 

51城目となり、3年半にしてやっと折り返しました。
 

| 日本100名城 | 22:00 | - | - | | |

♯ 安土城

住所●滋賀県近江八幡市安土城下豊浦
​アクセス●JR東海道本線「安土」駅より登城口まで徒歩約25分、天主台まで徒歩約25分
築城年●1576年
築城者●織田信長
遺構●天主台、石垣

​2018年の100名城始めは、山城の安土城にしました。
​マムシが出るという噂を耳にしていたので、真冬に登城と決めていたのです。
確かに、夏場だったらマムシが顔を出しても不思議ではない山ん中。
​加えて、こんなに黙々と石段を上がっていたら、真夏ですと滝汗は避けられないでしょう。
天主台まで続くこの石段が、本当に上るコツを与えてくれない代物であります。
​大きさがてんでばらばらで、高さも不揃いのためリズムよく上れません。
山城にはマストの杖も何の役にも立たん。
​脚力が問われ、そして鍛えられます。
山城は足腰が丈夫なうちに制覇しとかないとな、とそんなことばかり考え登城。

​天主からの眺めは穏やか。
​この瞬間にしんどかった道程も忘れるので、山登り(とこの程度では言いませんが)は面白いものです。


​標高198mの山頂に天主台があります

 
| 日本100名城 | 22:00 | - | - | | |

♯ 松本城

住所●長野県松本市丸の内4-1
アクセス●JR「松本」駅よりバス8分「松本城・市役所前」下車徒歩3分
​築城年●1593〜1594年
築城者●石川数正、康長
​遺構●天守、乾小天守、渡櫓、月見櫓、本丸、二の丸など

​100名城巡りを始める以前、かれこれ4年ほど前になりますか、観光で訪れたことがある松本城。
​天候に恵まれたゴールデンウィークの一日でしたが、なんと入城に2時間近く待ち、城内を一巡するのに1時間要しました。
​さすが国宝、しかも5重天守、大人気のお城であります。
​今回も、9時に到着したというのに、もう120分待ち。
一度、中は見てっから、と、入場はパスし、ゆっくり本丸や二の丸や堀などを巡りました。
​どの角度から見ても、漆黒でしかも複雑な天守群はかっこいい。



 
| 日本100名城 | 22:00 | - | - | | |
| 1/6PAGES | >>
≡ PROFILE ≡
≡CALENDAR≡
<< July 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
≡SELECTED ENTRIES≡
≡CATEGORIES≡
≡ARCHIVES≡
≡COMMENTS ×
≡TRACKBACKS ×
≡LINKS≡
≡RECOMMEND ×

 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]