「おいしい写真屋さん」による作品展のお知らせや、
書評、日々思ったことなどなど

♯ 2018年9月場所

稀勢の里が8場所連続休場から復帰し、10勝するとは! と驚いた9月場所でした。

 

●嘉風さん
先場所、2勝13敗と、本人以上に相撲ファンが絶句した成績で終わった嘉風さん。
絶対ズルっ子相撲をせず、相手が格上だろうとキレッキレの立ち合いで男前な取組を見せるベテラン力士です。
36歳という年齢とは関係ない肉体を維持しているし、何なんだろうと今場所も初日から心配でした。
幕内上位か、悪くても10枚目前後が定位置の嘉風さんが、西前頭15枚目。
そういうわけで、今場所は力の差を見せつける15日間となりました。
結果11勝4敗の二桁勝利は嘉風さんなら当たり前。
良かったー、負の連鎖からスッパリ抜け出たー。

●大露羅君
史上最重量力士の大露羅君(山響部屋)が、引退です。
292.6キロは、小兵力士の約3倍、標準力士の約2倍。
土俵に上がった時の「普通じゃない感」は際立っていました。
18年半前の入門時、すでに200キロは越えていたようです。
ロシア人でも、このサイズはなかなかなものかと。
関取経験がない力士だからか、断髪式を引退発表した直後の千秋楽に行っていました。
これからは日本とロシアを股にかけたスポーツイベント関連の仕事に就くそうです(『相撲 No.888』より)。

●式秀親方
今場所から、NHKの解説陣の面々が少し変わりました。
これまでは十両専門だった甲山親方が、幕内の向正面からも関西弁で喋りまくっています。
幕下の解説をされていた式秀親方が、十両で登板です。
長らく審判部だったこともあってか、解説はとても理論的で分かりやすい。
のですが。
アナウンサー相手に技を実践し始め、またその技がテレビ画面上では見えにくい。
それでも本人は熱が入ってますから、お構いなしに技をかけながら説明をされる。
おもろかったです。

●豊ノ島氏
元関脇。
2年前の怪我により幕下に落ちていたのですが、今場所幕下筆頭で勝ち越しました。
幕下の全取組7番中の4番目で勝ち越したものですから、もう休場しなはれ、と思った相撲ファンもいたはずです。
残り3番で怪我して復帰できないというのはやるせなさすぎますから。
しかし、結果的には6勝をマークし、これだけの成績でしたら十両のそこそこな番付で九州場所は迎えそうです。
35歳で再十両は、なかなかな記録ではないでしょうか。

●高須先生
Abemaの幕内ゲストとして、高須クリニックの高須先生が初登場。
両国国技館で行われる場所では、必ず向正面で一日は観戦されています。
懸賞も固定ではないにしろ、毎場所どこかで「yes!」「高須」「クリニック」と3本見かけます。
かなりの好角家なのは言わずもがなです。
Abemaのアナウンサーもここぞとばかり、裏話を引き出そうとします。

懸賞は、大物力士ではなく、頑張っているなあという成長株にかけるとか。
ゲスト当日は錦木君に出していました。
そして、整形外科医なだけあって、相撲の見方は骨中心です。
こういう怪我をしたら骨がどーたらこーたらで。。。と、骨談義。

武井壮が筋肉なら、高須先生は骨と、Abemaの相撲中継は絶対NHKとかぶらない内容です。

●宇良君

怪我で、去年の九州場所から休場していた宇良君。

前頭4枚目から6場所休み、三段目91枚目まで降格となりました。

楽勝じゃね? 優勝すっかもな。

という下馬評が多かったと思いますが、1敗してしまい、優勝はならず。

それでも、91枚目で6勝1敗の成績ですので、来場所は三段目上位なことは確実です。

この1年でかなり肉々しくなったのですが、俊敏な動きは変わらず。

土俵を大いに使って、会場を湧かせてもらいたいです。

 

| 相撲 | 22:00 | - | - | | |

♯ 2018年名古屋場所

常連さん
杉山邦博元NHKアナウンサーは向正面側の東に毎日いらっしゃいました。
御年87歳。
とにかく暑い名古屋場所でしたので、ある意味、姿が見えない日があると心配してしまいます。
しかし、そんな心配をすることもなく氏は皆勤で、しかも昼下がりの早い時間から座ってらっしゃいました。

杉山さんより一つ年下の大村崑ちゃん。
中日辺りに連続4日間、観戦されていました、それも大方目立つシャツを着て。
こういうところが、根っからの喜劇俳優だなあと感心します。
飽くなきテレビへの露出。

名古屋場所と言えば、西の花道脇にお座りの白鷺の姐御。
こんな酷暑の中でも、毎日涼し気に和装を召されていました。
髪型もきっちりかっちり。
こういうところが、昭和を抜けてきた女性らしいです。

リスペクト。
贔屓の力士が勝つと満面の笑顔になられるのですが、これが酸いも甘いも嚙み分けてらっしゃる笑顔に見える。

姐御です。

Гい、abema!
本場所の序の口から三段目までは、abemaの大相撲チャンネルを録画して見ています。
幕下以降はNHKで放送が始まるので、そちらを録画。
ですが、abemaのゲスト解説がナイツ塙だったり武井壮だとそちらも録画します。
abemaの視聴比率は3割ぐらいでしょうか。
そんな中、千秋楽にabemaの視聴予約ができない事態に陥りました。
なんと、これまでのように予約したいのであればプレミアム会員になってね、と言ってきやがるのです。
間口を広く開けておきながら、突然シャットアウトする手法、ここで見せますか。
残念です。
来場所から三段目までの取組がほぼ見られなくなってしまいました。
電車で、出先でネットをつなげて見るしかないです。







 

| 相撲 | 22:00 | - | - | | |

♯ 2018年名古屋場所

ナ駒親方

上目遣いなんです、審判席から取組を見るときの放駒親方(元関脇玉乃島)。

真剣に審判しているのが伝わってくるのですが、圧が強すぎます。

視線の先が土俵ではなく、好きな女の子だったらヤバい見方です。

そんな上目遣い。

しかも、引退してゴルフ三昧の元野球選手のような色黒さ。

相撲取りだったことをまったく彷彿とさせない親方の一人です。

正直、放駒さんとは同世代なこともあり、現役時代をワタシはほぼ知りません。

20代を同じ時期に過ごしている=仕事が忙しくって相撲は見てらんない時期。

そういうわけで、余計に今の放駒親方は紋付き袴姿のゴルフ好きな40歳にしか見えません。

いや、ゴルフをされるのかは知りません。

もしかしたらマラソンや自転車焼けかもしれません。

こちらの目も話せない親方であります。

| 相撲 | 22:00 | - | - | | |

♯ 2018年名古屋場所

つめ込み
西の十両筆頭で迎えた明瀬山。
関取衆の中では唯一の愛知県出身で、しかも帰り入幕もかかっている今場所なので、本人への期待は集まっていたと思われます。
だからか、新しい締め込みを巻いてきました。
ピッカピカのマリンブルー。
正直、昭和顔の明瀬山にそのはっちゃけカラーは違和感を覚えました。
いぶし銀な色がハマるのに、と日々思っていましたら、

まったく勝てない明瀬山。

そういう負け方しちゃう? ねえ、ねえ。
と詰問したくなる踏ん張りのない展開です。
土俵際で逆転勝利することが少なくない力士なのに、あっさり俵を割ったりすってん転んだりして、持ち味が全然出ていません。
怪我や病気で思うようにカラダが動かなかった頃の明瀬山の相撲です。
先場所見せた調子よい相撲を、今場所も広げてくれると期待していたのにすっかり落胆しました。
本人も重々それは分かっていて、不甲斐なさに悶々としていたようで、

7連敗した後の8日目に、以前使っていたいぶし銀な締め込みに変えてきました。

そうそう、明瀬山にはその地味だけれども落ち着いた色がしっくりきてる!
で、本人自身も落ち着いたのか、突然相撲内容がよくなり、連勝連勝。
明瀬山らしい粘りの相撲が連日繰り広げられます。
結局、6勝9敗で負け越してしまったものの、よく巻き返しました。
ゲン担ぎをするとしたら、もう二度とあのマリンブルーの締め込みは巻いてこないと思います。
以前から同じような力士を見たことがあるので、心理的要因かはたまた単に着け心地の悪さによるものか。
角界あるあるの一つでしょう。

| 相撲 | 22:00 | - | - | | |

♯ 2018年名古屋場所

2塗さん
辛かったです。
どこにも不具合はなさそうなのに、結局黒星を積み重ねてしまう嘉風さんを見るのは。
13連敗。
相撲ファンはその意味不明の負けに、日々不安を募らせていったことでしょう。
ズルッ子相撲は死んでもしない、毎回キレッキレの立ち合いでそのまま相手を押し出す嘉風さん。
勝っても負けても嘉風らしい相撲を見れば、観客はいいもん見た気になるものです。
ですが、負けがこみすぎれば、さすがにいいもん見た気にならなくなっていきます。
とにかく心配。
幕内土俵入りでの声援は衰えることはなく、むしろ連敗が続けば続くほど高まっていきました。
仕切りのときの掛け声も、10日目以降は熱かったです。
多くの人が嘉風さんが嘉風さんらしい相撲をして白星を勝ち取ってくれることを望んでいました。

そこで14日目に出た白星!

いやったー!
ひゃっほーい!
いえい!
今場所15日間で、一番歓喜した瞬間でした。
翌千秋楽も癖の強い松鳳山相手に即効相撲で2勝目。
15日目にしていつもの嘉風さんが戻ってきたのです。
解説の北の富士さんは、こういうことは得てしてある、と嘉風のスランプを理解していました。
1勝さえ出れば抜け出れるのに、その1勝がとにかく出ない、どこも悪くないのに。
途中で思いました。
嘉風さんは顔面が腫れたり傷だらけの方が調子いいタイプで、だから無傷の今場所は調子が狂っているのかと。
だれかー、嘉風さんの瞼腫らして〜。

来場所は16枚目辺りでしょうから、とにかく勝ち越して残留して、また上位陣を散らしていってください。


 
| 相撲 | 22:00 | - | - | | |

♯ 2018年名古屋場所

▲薀ぅ丱襪鷲要だ
いくら前頭13枚目で上位力士とはなかなか当たらないとはいえ、朝乃山にとっては飛躍の場所でした。
力がついたな、と純粋に思わせるがっしりした取り口に落ち着いています。
関取として幕内の相撲に慣れてきたのかな、という印象も受けます。
体つきも力士としてかなり男前になってきていますし。
ノッてる。
で、そんな朝乃山と角界入りのときからライバルなのが、今場所前頭9枚目の豊山。
入幕した頃はまだ十両の力量で、負け越しと再入幕を繰り返すことになっていました。
それが、すっかり幕内に定着する相撲を取るまでに力をつけています。
朝乃山という存在が、豊山という存在が、お互いの躍進には好材料なのでしょう。
今場所は二人とも二桁勝利の活躍ということで、二人そろって敢闘賞受賞に。
今後も、二人そろって三役や、二人そろって大関昇進という展開になってほしいものです。
あー怪我だけはせんでくれ。

 
| 相撲 | 22:00 | - | - | | |

♯ 2018年名古屋場所

今年は、酷暑の中の名古屋場所でした。
館内はまるで冷房が稼働していないかのように、観客のみなさん、パタパタ扇子や団扇で仰いでらっしゃる。
袴姿で審判席に座る親方衆の、熱さで苦しそうなことと言ったら!
冷房機能を向上させるべきです。

.魯奪肇蠏と東関親方
万年序の口力士、いや、万年黒星力士として有名な式秀部屋所属の服部桜。
2015年9月場所に初土俵で、これまでの生涯戦績は1勝111敗1休と信じられないくらい負ける(=弱い)。
abemaTVで序の口から取組が観られるようになったので、その負けっぷりにコメントが殺到します。
正直、みんな服部桜が勝つとはさらさら思っていません。
今日も負けたな服部桜、と確認したいがゆえに、8時半の取組を見ているのです。
なのに今場所6日目。
連続黒星90を更新するというその日、なんと相手力士の腰砕けで白星となったハットリ君!
棚から牡丹餅でも、一勝には変わりありません。
まばらな館内ですが、騒然です。
西側向正面で審判していた東関親方など、そのまさかなハットリ君の勝利に思わず拍手しそうになっていました。
翌日の新聞は、スポーツ新聞の相撲欄は当然のこと、あの日経さんまでもスポーツ面にハットリ君の勝利をニュース扱いする展開。
表ネタが幕内の優勝関連なら、完全なる裏ネタであります。
服部桜の相撲界でのポジションは不思議というか謎というか。
で、その後の取組はまた負けに戻りまして、結局1勝6敗で終えました。






 

| 相撲 | 22:00 | - | - | | |

♯ 2018年 合宿

5月の夏場所後は巡業がないので、多くの部屋が全国津々浦々で合宿を行うようです。
有力な後援者から「来てくれやー、使ってくれやーウチの倉庫」みたいな声がかかるのでしょう。
伊勢ケ浜部屋は毎年堺で合宿。
名古屋入りするまでの2週間って感じでしょうか。
ここ数年、見に行っています。

去年は日本人横綱が誕生した年だったこともあり、相撲ブームが席巻。
合宿見学とはつまり、力士たちの稽古を見るだけのことですが、わんさか来ていました。
日馬富士もまだ横綱でしたし、照ノ富士もなんとか大関を死守。
こういう上位の力士がいる部屋は、盛り上がりが半端なくなります。

しかし、その後起きたあの事件。
プラス、新横綱の活躍なき場所場所場所。
にわかファンは離れるのも早かったです。
今年はわんさかどころか、関係者の人に、「もっと前で見ればええねん」と声を掛けられるほどの見学者数でした。
こんな上席で稽古見学できたのは初めてです。

そしたら。

三段目から幕下の力士が稽古の真っ最中だったのですが、一斉に動きを止め、見学者の後ろの方を見て挨拶を始めました。
あみたんとか宝富士あたりが出てきたのかな、と振り返ってみましたら、そこにいるのは日馬富士さん。
髷ですが、白カッターシャツに、スーツのパンツ姿というアンバランスすぎる出で立ちで立ってらっしゃる。
ここにおるん⁉
と、大半の見学者はビックリしたでしょう。
想定外の出来事に、多くの人たちが日馬富士のもとに駆け寄っていきます。
ファンなんだな、よかったなー。

幕下で頑張る錦富士君が、いろんな力士と三番稽古に汗を流しています。
髷もいい感じでザンバラ。
しかし、ライバルの翠富士君の姿はありません。
そもそも、稽古が厳しい伊勢ケ浜部屋の稽古が10時過ぎには終わってしまったのです。
関取衆の稽古はまったくなし。
なんだなんだ、と謎のままゆるーい時間が流れます。

その晩、あみたんのブログを見たら、なんと関取衆は和歌山の奨励会に出席とあります。
つまり、あの見学者の少なさは、ガチガチのファンはこの事実を知っていたため稽古に来ていなかったとも考えられる。
まあ、若手の稽古をしっかり見られたので、ワタシは満足でありますが。
一人、気になる若手を見つけましたし。


 

| 相撲 | 22:00 | - | - | | |

♯ 両国散歩

夏場所が終わって約1週間。
賑わいも落ち着いた両国界隈をぷらぷら散歩してみました。

​この時期は番付問わず、ほぼ全力士が場所後の休暇中のようで、力士の姿はありません。
​と、言い切ろうと思っていましたら、髷に浴衣姿で自転車に跨る力士君。
早い部屋では、明日あたりから稽古再開なのかもしれません。
​鬢付け油の香りを残して走り去って行きました。

​相撲雑貨店のたかはしさんに入店。
​以前寄ったときは、改装中につき、とんでもなく狭い仮店舗でした。
​新店舗もこじんまりとしていますが、普通の雑貨店並みの広さで、商品も見やすい。
​輝さん、大輝君、竜電様、そしてあみたんが描かれたポストカードを各一枚ずつ、箸置き、靴下などなどを購入です。
​魔法瓶ボトルが欲しかったのですが、見当たらず。
あと、A4サイズのファイルがあったらと思います。
​クリアファイルではなく、30ページ分ぐらいクリアシートを抱えているファイル。
​下敷きも追加します。
欲を申すなら、雨傘ではなく日傘も。

キングサイズの洋品店ライオン堂さんへ移動。
念願の入店です。
​日曜日が定休日なので、なかなか行きたくても行けない店舗でした。
​でぶっちょの知人、友人、身内がいるわけでもないのですが、キングサイズ見たさの好奇心からです。
8Lは正直、シーツです。
​くるまれば寝袋として重宝します。
​店員さんが親切にもいろんなサイズを見せてくれたのですが、3Lあたりが標準的なデカい人向けかと。
​190センチ超の知人へのお土産用に、一枚購入。

​晩にあみたんのブログを覗いたら、錦糸公園で開催されている肉フェスに行ってきたと。
もう一駅分散歩していたらお会いできたかも。
​ってか、絶対、他の力士たちも行ってんな、肉フェス。

 

| 相撲 | 22:00 | - | - | | |

♯ 2018年夏場所_その

●審判部
​審判の面々が一部、入れ替わりました。
​全体的に、若返った印象を受けます。
​話題をかっさらっているのは、貴乃花親方であり、入場するだけで場内が賑やかになるほど。
​ここ数か月、世間を騒がしたとしても、貴乃花人気は廃れないと感じました。
日本人が好む横綱を、地でいく力士でしたからねえ。
気になるのは、貴乃花親方だけ紋付き袴の袴の色がゴールドっぽい茶色というところ。
​他の親方衆は全員ねずみ色(決してグレーではない)なのですが、なぜ彼だけ別の色?
​一代年寄はあの茶色と決まっているのか、はたまたかわいい反乱か。

​個人的には、振分親方の審判就任に注目しました。
土俵下に坐しているだけでも画面が和むと言うか、エンターテインメント性を打ち出すと言うか。
​動作一つ一つが本人は真面目にやっているにしてもどうしても愉快で、「高見盛」という生き物に見えて仕方ありません。
力士がぶっ飛んできたりしようものなら、あわあわなる振分親方。
それだけで十分笑えてしまいます。
​まだ新顔なのでマイクを握って物言い結果の説明はありませんでしたが、楽しみにしています。

あと、元大関雅山の二子山親方の人相が悪すぎます。
悪党です。
​序の口の審判で、まだ取組慣れしていない力士に注意する姿は生活指導の体育教師です。
反対に、浦風親方(元・敷島)はどれだけ真剣な表情をしていても、コメディアンにしか見えません。
​鼻の辺りに小堺一機が漂っているからだと思います。
​こんな真面目な顔していても、お茶らけたこと考えてんだろな、と思わせてしまう顔であります。

​放駒親方(元関脇・玉乃島)は、引退してから突然イイ男になった親方の一人です。
友綱親方(元関脇・旭天鵬)然り。
​髷を切り、体重を絞るとこんなにダンディになるもんなんだ、と先見の明があった奥様たちに関心です。
​高田川親方(元関脇・安芸乃島)も一応、この部類かな。

●番付
東の幕内7枚目の竜電様が3勝12敗で終えました。
この番付でこの星ですと、幕内残留は難しいでしょうか。
温情番付で、なんとか東の幕内17枚目で名古屋場所を迎えられないものかと期待しています。
​大輝君(北勝富士)も、西の9枚目で4勝7敗4休。
​厳しいですよね、普通に考えましたら幕内に留まるのは。
でも、なんとか西の16枚目に据え置くという流れになってもらえれば、来場所は復活劇を見せてくれると思います。

​西の十両筆頭で優勝を果たした阿武咲はかなり番付を上げるのは確実です。
​明生が東の4枚目で10番勝ったのですが、今場所は幕内下位の力士がほとんど勝ち越していてあまり落ちてこなさそうであります。
​竜電様と大輝君が陥落してきたら、明生にも入幕の希望は残されていますが、どうするどうなる?
​明瀬山が西の5枚目で10番勝って、来場所のご当地では十両筆頭辺りでしょう。
​再入幕を果たして、その稀有な肉体をもっと全国のみなさまに知っていただきたい。

●写真
​一緒に写真を撮ってもらいたい力士
1位 玉鷲さん(かわいいし、冷たい態度は取らなさそう)
2位 あんこ山、いや貴景勝(仏頂面だろうけど、撮ってもらいたい)
​3位 明瀬山(無表情だろうけど、相当な記念になる)
​4位 輝さん(いいわー、硬派なところが)
​5位 大露羅さん(自分との対比が見たい)

 

| 相撲 | 22:00 | - | - | | |
| 1/7PAGES | >>
≡ PROFILE ≡
≡CALENDAR≡
<< November 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≡SELECTED ENTRIES≡
≡CATEGORIES≡
≡ARCHIVES≡
≡COMMENTS ×
≡TRACKBACKS ×
≡LINKS≡
≡RECOMMEND ×

 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]