「おいしい写真屋さん」による作品展のお知らせや、
書評、日々思ったことなどなど

♯ 2018年 合宿

5月の夏場所後は巡業がないので、多くの部屋が全国津々浦々で合宿を行うようです。
有力な後援者から「来てくれやー、使ってくれやーウチの倉庫」みたいな声がかかるのでしょう。
伊勢ケ浜部屋は毎年堺で合宿。
名古屋入りするまでの2週間って感じでしょうか。
ここ数年、見に行っています。

去年は日本人横綱が誕生した年だったこともあり、相撲ブームが席巻。
合宿見学とはつまり、力士たちの稽古を見るだけのことですが、わんさか来ていました。
日馬富士もまだ横綱でしたし、照ノ富士もなんとか大関を死守。
こういう上位の力士がいる部屋は、盛り上がりが半端なくなります。

しかし、その後起きたあの事件。
プラス、新横綱の活躍なき場所場所場所。
にわかファンは離れるのも早かったです。
今年はわんさかどころか、関係者の人に、「もっと前で見ればええねん」と声を掛けられるほどの見学者数でした。
こんな上席で稽古見学できたのは初めてです。

そしたら。

三段目から幕下の力士が稽古の真っ最中だったのですが、一斉に動きを止め、見学者の後ろの方を見て挨拶を始めました。
あみたんとか宝富士あたりが出てきたのかな、と振り返ってみましたら、そこにいるのは日馬富士さん。
髷ですが、白カッターシャツに、スーツのパンツ姿というアンバランスすぎる出で立ちで立ってらっしゃる。
ここにおるん⁉
と、大半の見学者はビックリしたでしょう。
想定外の出来事に、多くの人たちが日馬富士のもとに駆け寄っていきます。
ファンなんだな、よかったなー。

幕下で頑張る錦富士君が、いろんな力士と三番稽古に汗を流しています。
髷もいい感じでザンバラ。
しかし、ライバルの翠富士君の姿はありません。
そもそも、稽古が厳しい伊勢ケ浜部屋の稽古が10時過ぎには終わってしまったのです。
関取衆の稽古はまったくなし。
なんだなんだ、と謎のままゆるーい時間が流れます。

その晩、あみたんのブログを見たら、なんと関取衆は和歌山の奨励会に出席とあります。
つまり、あの見学者の少なさは、ガチガチのファンはこの事実を知っていたため稽古に来ていなかったとも考えられる。
まあ、若手の稽古をしっかり見られたので、ワタシは満足でありますが。
一人、気になる若手を見つけましたし。


 

| 相撲 | 22:00 | - | - | | |

♯ 両国散歩

夏場所が終わって約1週間。
賑わいも落ち着いた両国界隈をぷらぷら散歩してみました。

​この時期は番付問わず、ほぼ全力士が場所後の休暇中のようで、力士の姿はありません。
​と、言い切ろうと思っていましたら、髷に浴衣姿で自転車に跨る力士君。
早い部屋では、明日あたりから稽古再開なのかもしれません。
​鬢付け油の香りを残して走り去って行きました。

​相撲雑貨店のたかはしさんに入店。
​以前寄ったときは、改装中につき、とんでもなく狭い仮店舗でした。
​新店舗もこじんまりとしていますが、普通の雑貨店並みの広さで、商品も見やすい。
​輝さん、大輝君、竜電様、そしてあみたんが描かれたポストカードを各一枚ずつ、箸置き、靴下などなどを購入です。
​魔法瓶ボトルが欲しかったのですが、見当たらず。
あと、A4サイズのファイルがあったらと思います。
​クリアファイルではなく、30ページ分ぐらいクリアシートを抱えているファイル。
​下敷きも追加します。
欲を申すなら、雨傘ではなく日傘も。

キングサイズの洋品店ライオン堂さんへ移動。
念願の入店です。
​日曜日が定休日なので、なかなか行きたくても行けない店舗でした。
​でぶっちょの知人、友人、身内がいるわけでもないのですが、キングサイズ見たさの好奇心からです。
8Lは正直、シーツです。
​くるまれば寝袋として重宝します。
​店員さんが親切にもいろんなサイズを見せてくれたのですが、3Lあたりが標準的なデカい人向けかと。
​190センチ超の知人へのお土産用に、一枚購入。

​晩にあみたんのブログを覗いたら、錦糸公園で開催されている肉フェスに行ってきたと。
もう一駅分散歩していたらお会いできたかも。
​ってか、絶対、他の力士たちも行ってんな、肉フェス。

 

| 相撲 | 22:00 | - | - | | |

♯ 2018年夏場所_その

●審判部
​審判の面々が一部、入れ替わりました。
​全体的に、若返った印象を受けます。
​話題をかっさらっているのは、貴乃花親方であり、入場するだけで場内が賑やかになるほど。
​ここ数か月、世間を騒がしたとしても、貴乃花人気は廃れないと感じました。
日本人が好む横綱を、地でいく力士でしたからねえ。
気になるのは、貴乃花親方だけ紋付き袴の袴の色がゴールドっぽい茶色というところ。
​他の親方衆は全員ねずみ色(決してグレーではない)なのですが、なぜ彼だけ別の色?
​一代年寄はあの茶色と決まっているのか、はたまたかわいい反乱か。

​個人的には、振分親方の審判就任に注目しました。
土俵下に坐しているだけでも画面が和むと言うか、エンターテインメント性を打ち出すと言うか。
​動作一つ一つが本人は真面目にやっているにしてもどうしても愉快で、「高見盛」という生き物に見えて仕方ありません。
力士がぶっ飛んできたりしようものなら、あわあわなる振分親方。
それだけで十分笑えてしまいます。
​まだ新顔なのでマイクを握って物言い結果の説明はありませんでしたが、楽しみにしています。

あと、元大関雅山の二子山親方の人相が悪すぎます。
悪党です。
​序の口の審判で、まだ取組慣れしていない力士に注意する姿は生活指導の体育教師です。
反対に、浦風親方(元・敷島)はどれだけ真剣な表情をしていても、コメディアンにしか見えません。
​鼻の辺りに小堺一機が漂っているからだと思います。
​こんな真面目な顔していても、お茶らけたこと考えてんだろな、と思わせてしまう顔であります。

​放駒親方(元関脇・玉乃島)は、引退してから突然イイ男になった親方の一人です。
友綱親方(元関脇・旭天鵬)然り。
​髷を切り、体重を絞るとこんなにダンディになるもんなんだ、と先見の明があった奥様たちに関心です。
​高田川親方(元関脇・安芸乃島)も一応、この部類かな。

●番付
東の幕内7枚目の竜電様が3勝12敗で終えました。
この番付でこの星ですと、幕内残留は難しいでしょうか。
温情番付で、なんとか東の幕内17枚目で名古屋場所を迎えられないものかと期待しています。
​大輝君(北勝富士)も、西の9枚目で4勝7敗4休。
​厳しいですよね、普通に考えましたら幕内に留まるのは。
でも、なんとか西の16枚目に据え置くという流れになってもらえれば、来場所は復活劇を見せてくれると思います。

​西の十両筆頭で優勝を果たした阿武咲はかなり番付を上げるのは確実です。
​明生が東の4枚目で10番勝ったのですが、今場所は幕内下位の力士がほとんど勝ち越していてあまり落ちてこなさそうであります。
​竜電様と大輝君が陥落してきたら、明生にも入幕の希望は残されていますが、どうするどうなる?
​明瀬山が西の5枚目で10番勝って、来場所のご当地では十両筆頭辺りでしょう。
​再入幕を果たして、その稀有な肉体をもっと全国のみなさまに知っていただきたい。

●写真
​一緒に写真を撮ってもらいたい力士
1位 玉鷲さん(かわいいし、冷たい態度は取らなさそう)
2位 あんこ山、いや貴景勝(仏頂面だろうけど、撮ってもらいたい)
​3位 明瀬山(無表情だろうけど、相当な記念になる)
​4位 輝さん(いいわー、硬派なところが)
​5位 大露羅さん(自分との対比が見たい)

 

| 相撲 | 22:00 | - | - | | |

♯ 2018年夏場所_その

基本、NHKの相撲中継を見ているのですが、先場所からabemaでの観戦比率も高くなっています。
​理由の一つは、序の口から三段目までの取組を見られるという点。
NHKは13時からしか中継しないため、その時間ですと三段目の上位からしか見られません。
でも、我が贔屓力士は下位にもいる。
​贔屓呼出や贔屓行司も下位にいます。
​午前中の取組はabemaを録画して見ています。

理由その2は、解説が砕けすぎている点です。
​アナウンサー単独の解説でも十分小ネタ満載ですが、ここに相撲好きなゲストや親方が加わりますと、一言一句聞き逃せないトークを繰り広げるのです。
今場所でしたら、武井壮がゲストの日はNHKでは絶対ありえない切り口で展開して楽しかった。
力士の肉体を筋肉から分析して語っていく武井壮。
これがすごい為になると言いますか、納得いく内容なのです。
​力士が膝を怪我することにより、どの筋肉に影響が出て、取組に響いてくるのか。
​勉強になりました。
明瀬山を北斗の拳のハート様に例えたところも愉快爽快。
​栃ノ心の筋肉がどれぐらいヤバいものなのかも、理解できました。
親方衆の解説も、NHKとは比べ物にならないくらい大衆レベルで楽しい。
​錣山親方など、NHKでは幕内の正面解説をなさっており、まあ真面目一辺倒であります。
​それがabemaでは、寛いでますねー。
​いっそのこと、舞の海さんと並んで解説してもらえないかしら。
abemaさんにお願い。
​式秀親方を招いて、とことん、服部桜のことを聞いていただきたい。

​abemaのデメリットは、カメラの位置が悪すぎるという点です。
​後発組なので、いい位置を確保できないという背景は理解できますが、あまりにもカメラ前をお客さんが横切りすぎ!
​映像が横切る人で真っ暗になるなど、地上波でしたら放送事故であります。
解決策はないものでしょうか。
​長時間見ていますと、ウンザリしてきますです。


 

| 相撲 | 22:00 | - | - | | |

♯ 2018年夏場所_その

阿炎がおもしろかった今場所。
​入幕3場所目で前頭2枚目とは、かなりの超特急出世であります。
​実は、2016年の9月場所で、ワタシは十両から幕下に陥落し、冴えない姿の阿炎君を目にしました。
​両国国技館の入口から続く「入り待ちストリート」で一人歩く阿炎君。
もちろん、掛け声はなし。
​過去に十両に4場所在位していただけでは、どうしても注目度や関心は低くなってしまいます。
個人的には、阿炎君が気になっていたワタシ。
掛け声投げたいよ〜。
​だけど、なんか今のこの阿炎君の雰囲気は、声援を送れない何かを纏っている。。。

と、そんなとき、隣にいたご夫婦の旦那さん(推定45歳)が、
​「あびー、頑張れよー。あびー」
​と、声を張り上げられました。
こちらに顔を向けないまでも、口元を笑みで緩める阿炎君。






​そんな思い出がワタシの中に生きているので、今場所、付け人を従わせて入り待ちストリートを悠々と歩く阿炎君の姿をテレビで見たときは、とても大きく思えました。
​自信がそうさせるのでしょうか。

​7勝8敗と勝ち越せなかったものの、この星であれば来場所は1枚落ちる程度のはずです。
また上位との総当たり戦となるでしょうから、引き続き楽しみであります。
​とにかく、インタビュールームにいっぱい行って、言いたい放題答えてもらいたい。
白鵬さんに金星後の「おかあさんに電話したいんで、インタビューもういいっすか」みたいな。





 

| 相撲 | 22:00 | - | - | | |

♯ 2018年夏場所_その

序の口の丹治君(荒汐部屋)が4勝3敗で勝ち越しました。
​取組日はabemaで録画し、その初々しい所作、取組に萌え〜。
​大阪場所では2番出世でしたが、今場所の取組は将来の大成を感じさせるものでした。
身長は180センチ越え、体重は69キロとソップ型ともまだ言えないくらいのヒラヒラ体型。
​負けた取組も、相手力士との体重差がモノ言ったな、という圧力負けが多かったです。
​とは言いつつ、新体操で培った柔軟性を存分に発揮し、粘りで倍近い体重の力士を負かしたりも。
​今は軽い分、すばしっこい動きがメリットとなっているのでしょう。
​しかし、上に行くには、何はともあれ肉弾作り。
​幸いに、丹治君には半分ロシア人の血が流れていますので、食えば太る可能性は大きいです。
とにかく、怪我だけには注意してもらいたい。
​怪我せず、順調にカラダが大きくなっていけば、光る逸材になる確率は高いです。
​こんな風にかどうかは分かりませんが、丹治君に注目している相撲ファンはチラホラいらっしゃる。
​取組時に「たんじ〜」と館内で声が響いていますし、abemaのコメント欄にも声援が書き込まれています。
イケメンってのも関係しているのかもしれませんが、男性もいらっしゃるので、有力株としての掛け声などでしょう。
​丹治君、来場所も勝ち越せば、年内に序二段!



 
| 相撲 | 22:00 | - | - | | |

♯ 新体操!

荒汐部屋は、猫親方モルとムギであっという間に知名度を上げました。
​部屋の飼い猫2匹の写真集を出版するとは、ムード歌謡のレコードをリリースしていた昭和の力士たちと匹敵する親しみやすさです。
​しかも、部屋の稽古は、窓越しならばいつでも見学自由。
​東京の日本橋という立地のよさもあって、連日相撲好きだけでなく、多くのYOUたちが覗き込んでいるようです。
北関東100名城の旅を終えたゴールデンウィークの最終日、もちろん、行ってみました。

​荒汐部屋に関取は二人。
​幕内と十両を行ったり来たりになってしまっている蒼国来関と、この5月場所に新関取となる若隆景です。
​若隆景は兄二人も同じ荒汐部屋所属の力士で、大波三兄弟と角界では話題になっています。
​じいさまが元小結の若葉山、とうさまがこれまた元力士ということもあってです。
​旬な力士の稽古は見たいものであります。

​7時過ぎに着いたときには、まだ関取衆はおらず、力士たちが軽く当たりあっていました。
するとそこに、黒いバンが。
​蒼国来関は既婚者なので、部屋ではなく奥様と暮らすご自宅があるはず。
出勤か? とチラっと見ましたら、降りてきたのは浴衣の力士3人です。
​しかも若手で、下位力士っぽい。
​荒汐部屋の入口前で躊躇うことなく浴衣を脱ぎ、まわし姿に。
​どうやら出稽古のようです。
​荒汐部屋の力士衆も知らされていなかったのか、誰か来たぞ、誰だ誰だと稽古も上の空。
​三人は道場破りの気配など微塵もない礼儀正しい挨拶で、部屋に入っていきました。

おもろいもん、見た。

​荒汐部屋にもこの春、新弟子が入門したようで、一人だけ短髪の少年がいます。
18歳なのかなあ、まだ筋肉も脂肪もついていない肉体で、まわしがサマになっていないのが初々しい。
この彼が、とんでもなく

いい男。

キレイな顔で、まぎれもないイケメンであります。
相撲部屋ではなく、ジャニーズの合宿所にいるタイプです。
​愛読誌『相撲』3月号の部屋ごとのニュース記事によれば、なんとまだ15歳!
​それでも身長183センチあり、これはまだまだ成長の見込み十分であります。
お美しいお顔は納得で、おかあさまがロシア人ということ。
​そして驚くのが、幼稚園から小学校卒業まで新体操をしていたそうです。
​いいですか。
体操ではなく、新体操ですよ。
​おかあさまの母国では、新体操がほぼお国芸化していますが、男性も普通に競技なんですね。
たぶん、角界初でしょう、新体操経験力士は。
​甲山親方が解説で驚く姿が目に浮かぶ。。。

​8時前になりますと、関取衆が加わります。
​蒼国来関、上階から階段で下りてきて、入口でまわしを付け出します。
​壁が死角になっているとはいえ、けっこうな大胆行為です。
​蒼国来関が部屋頭ということもあってか、姿を見せると稽古が突然真剣になっていきました。
​おもろ。
​猫親方を誕生させた部屋だけあって、雰囲気が柔らかいです。
​蒼国来関の人となりでしょうか、和気あいあいではないのですが、とげとげしく無い稽古であります。
​こういう部屋もあるんだなあと、また一つ勉強になりました。

 







 

 
 

| 相撲 | 22:00 | - | - | | |

♯ 毎日把瑠都さん

今場所は、中日辺りからabema TVで観戦することが多かったです。
​abema TVは、場所中の全取組をネットで無料中継。

しかも、我が家はFire TVが映るため、リビングのテレビでabemaが見られます。

​NHKのテレビ中継は早くても13時からなので、だいたい三段目の上位からになります。
​気になる力士がそれ以下の番付ですと、これまでは会場に足を運ばない限り見られなかったのですが、abemaさんのおかげで自宅でも見られるようになったのです。

相撲中継の大革命。

​abemaさんもただダラダラと流しているだけでなく、仕切るアナウンサーもいれば解説者もいます。
​この解説者に、今場所は把瑠都さんが連日登板。
​幕下上位ぐらいですから、14時過ぎぐらいから18時までずっと喋ってます。
​しかも「みなみなさまのNHK」と違いネット番組ですから、けっこう好き放題な発言が多いのです。
​それが画期的でおもしろい。
​ある日など、あのデーモン閣下も参戦。
この二人の解説と言いますか感想は聞くに値すると真剣に思いました。
たぶん、来場所は15日間把瑠都さんが喋っているかもしれません。

​2018年大阪場所ですが;

​●豪風さん、十両筆頭で勝ち越し。来場所は帰り入幕です。
あみたんも。

​●宇良君がいないと北の富士さんに元気がない。
​早く帰ってきてほしいコメントを解説のときにポロっと零していました。

●帰り十両の明瀬山が​優勝決定戦にまで絡むとは、想像以上の活躍!
最後の仕切り前の塩は、かなり素早く撒くことを知りました。

●公称体重91キロの翠富士君が、公称体重207.5キロの安芸乃山と取り組んだ一番。
​もつれにもつれた挙句、お互いが技を掛け合って倒れたために同体でなんと取り直しに。
​この時点で翠富士君の額からはドクドクと血が流れて止まらなーい。
​もうなんだってこんな状態で!と翠富士君押しは思いますが、なんと、安芸乃山はスタミナ切れで蹲踞もできない状態に。
見るからに苦しそう。。。
で、流血なものの得意の肩透かしで翠富士君が白星!
​13時代というのに、その日一番会場が湧いた取組でした。
​今場所6勝1敗と好成績で終えたので、夏場所はかなり番付を上げるでしょう。
楽しみ。

​●栃ノ心関は今場所もアサシネーターの眼光でした。

| 相撲 | 22:00 | - | - | | |

♯ 大相撲展

自宅のテレビで大相撲を観るときは、twitterを同時にチェックしています。
​一人で観戦中におもしろい取組があると、他の人の感想が聞きたくなるからです。
​そして、相撲好きさんたちの視点というのが、これまた愉快。
そういう見方があるんだ、と参考にさせてもらっています。
​そんな大相撲ファンたちで盛り上がるtwitter上で、今場所よく見たコメントが、大相撲展に関すること。
​あべのハルカスで開催されている展覧会で、行った人の多くが満足してらっしゃる。
気になるので、行ってみました。

一言で表すならば、大変くだけた相撲展覧会です。
​難しいことは抜き抜き、俗っぽい視線で大相撲を紹介していきます!というコンセプトかと。

断髪された大銀杏から、有名力士たちの化粧まわしがズラリ。

力士たちが日常身に付けている浴衣も何点か展示されている上、行司さんや呼出さんの装束も忘れていません。

スー女代表能町みね子女史の下世話なコーナーもあれば、筋金入りの好角家やくみつる氏のマニアなコレクションも。

このやくさんのコレクションは、タモリ倶楽部でそっくり紹介されていた代物たちで、まさかそれらを生で見られるとは!

感動入りました。

 

ちなみに、そのクセの強いコレクションとは;

 

●魁皇関が握りつぶしたリンゴジュースの缶

●高見盛関のメガネ

●水戸泉関からいただいたという、土俵で撒いていた量と同じ量の塩

●千代大海関の断髪式で落ちていた毛髪

などなど10数点。

 

会場に併設されていたお土産売り場も、大阪場所のお土産売り場以上の品揃えでした。

なんかいろいろ買いまくったものの、使うのが勿体ないなあと我が家の展示品になりそうです。

 

| 相撲 | 22:00 | - | - | | |

♯ 2018年大阪場所_その

仝朕妖に今注目している高田川親方。
​勝負審判交代で退場される時に、写真撮りたさでサササササと出口に走り追いました。
​あれ? 案外小柄です。

​観客は、一度だけ再入場が可能です。
​中入りの時間にコンビニへ行くため外出しますと、少し離れたところに、帰り姿の力士3人が。
あっ、あの揉み上げは!
​相撲甚句が神がかってる上手さの尾車部屋の睦風さん!
ということは、側にいるのは、彼が付き人をしている豪風関のはず、と近寄ってみますと、予想的中。
​タクシーを待つお三方でした。
場外では、案外ワーキャー言われないものなのですね。
だから、ワタシも気付いていないフリしてコンビニに向かいました。
本当は、この3ショットの写真を撮りたかった〜。

8正面に座っているので、知人友人たちがテレビで我が姿を探してくれました。
​が、みんなから「どこにいた?」LINEが。
どうやら映っていなかったようです。
​帰宅後、録画していた大相撲中継を見ていましたら、視界に入ってくる相方の姿。
​豆粒には変わりないのですが、派手色のパーカーは分かる人が見たらすぐ見つかります。
​友人たちに、相方を目印に探してもらえば、その隣のメガネ女に気付いてもらえたことでしょう。

​ぢ任曾个係紊蓮⊃栃衆がぞろぞろと土俵回りに集まってくるので見逃せません。
​友綱親方(元関脇旭天鵬)は脚が長くて本当にスタイル抜群。
​いつも穏やかな表情の鳴門親方(元大関琴欧州)は見ているだけで癒されます。
​向正面の解説を終えた西岩親方(元関脇若の里)も、スーツ姿で現れました。
​ワタシは、自分が現役を知る親方衆が、協会の仕事に勤しむ姿を見るのが大好きです。
​だから、ちょこちょこ席を立ち、エントランスでもぎりをしている親方たちも見に行きます。
​今日は大島親方(元関脇魁輝)と、朝日山親方(元関脇琴錦)のもぎりを拝めました。

そして本日も北の富士さんには遭遇せず。




 

| 相撲 | 22:00 | - | - | | |
| 1/6PAGES | >>
≡ PROFILE ≡
≡CALENDAR≡
<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
≡SELECTED ENTRIES≡
≡CATEGORIES≡
≡ARCHIVES≡
≡COMMENTS ×
≡TRACKBACKS ×
≡LINKS≡
≡RECOMMEND ×

 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]