「おいしい写真屋さん」による作品展のお知らせや、
書評、日々思ったことなどなど

♯ お手上げでした

ここ1年間ほど、英語の通訳と翻訳技法をその道のプロたちに学んでいます。
​前にもこのブログで述べたのですが、別に通訳者になりたいわけでも翻訳者になれるとも思っていません。
この技術を習得することで、自分の「スコアだけ英語」が本当の英語に変わるな、と感じたのです。
徹底的な試験対策で出しているスコアには、やはり不安を抱いていまして、偽り英語力と自分で揶揄っていました。
足りないとこだらけの英語力なんだよ〜、と自覚していましたので、違う英語習得法に挑んでみたわけです。

​丸一年通訳と翻訳技術の基礎を勉強したところで、久し振りにTOEICを受験してみました。

​ビックリした、リスニングが全然できなくて。
​お手上げ。

​何ができないって、セクション3と4の会話を聞きながら質問文を読んで4択から答える問題です。
​TOEICスコア獲得法としてよく知られているのが、会話が始まる前に問題を読んで内容を把握しておくというもの。
​そうすれば、会話文が耳に入ってきたときに、答えに該当する内容を拾いやすいのであります。
​1年前までのワタシもそのテクを使って、セクション3、4のリスニングを攻略していました。
しかし、通訳技法を学んでしまった今、それができない!
授業では、3分程度の時事ニュースを聞き、何について話されていたかを1回で聞き取れるようにと言われます。
​そのために、どういう点を注意して聞くか、どういうメモを取るべきか、などがポイントとなるのです。
​講師曰く、耳にした内容は文字で記憶するのではなく、イメージでとらえて言葉に出していく、とのこと。
​そう、不器用なワタシの脳はその技法でしか英語を聞けなくなり、TOEICの問題文を読むという行為ができない!
内容をイメージしながら聞いていたら、リテンションがまだまだ完璧ではない分、問題を読んですぐに答えるということは不可能。
​ではしっかり読んでから答える。。。なんて悠長な時間、今のTOEICにはありません。
​その点、セクション2は、問題を読む必要がなく、すべて耳だけで解決できるのでそこまで手こずりませんでした。
​つまり、ワタシのようなドメ子はTOEICを受験するならば、必ず試験前に対策をしないといけないのであります。

でもね。
​負け惜しみでもなんでもないのですが、これがTOEICの弱点なんじゃね?とも思うのです。
対策さえすればハイスコアを取れてしまい、結局ほんまもんの英語力はついてないっていう結末。
通訳技法を学んだ今の方が、1年前と比較しますと圧倒的に英語を聞き取れます。
それも、​テキスト英語ではなく、それこそ、CNNですとかちょっとしたドラマですとか。
リプロダクションやディクテーションをうんざりするほど繰り返し、その後に日本語へどう訳していくかなんて勉強をしていたら、いくらドメ子でも多少は生の英語慣れしてきます。
​それは、TOEICのリスニングで反映されない部分だよなー、と思ったのです。
だって、TOEICの英語は文法的に絶対正しいですし、だけど生の英語、特にインタビューなんかは文法書から離れた英語が当たり前。
その意味をいかに把握し、理解した上で会話につなげていくかとか人に伝えるかというのが、英語を使うってことなんだと改めて思うのです。
​通訳にはなれないけれど、技法は学んでよかったと、今回のTOEICのリスニングが悲惨なスコアでも思いました。

​TOEIC満点目指していた時期もありましたが、今はそこに向ける労力はいかにディクテーションをサラサラできるかとかに向けたいかな。






 

| 英語 | 22:00 | - | - | | |

♯ Mr.Holms

このブログには、どうやら英語学習者からのアクセスが多いようであります。
そういう方たちであれば、CNNインターナショナルの視聴者も少なからずいらっしゃると思います。
我が家も、だいたい朝の5時半から出かけるまで流しています。
CNN Todayのアンカーであるアマラ・ウォーカーさんとマイケル・ホームズさんが出てくると、「7時だぞ、急げ」。
​バタバタな朝に欠かせない時計となっています。
​まるで、FM802のDJが朝の8時2分になるとお知らせしてくれるような感じです。

​CNN Todayはニュース番組なのですが、この二人のアンカーはちょくちょく一人体制になります。
12月前半はアマラさんの不在が続きました。
​そういうとき、相方のホームズさんは冒頭で「今週、アマラはお休みです」と教えてくれます。
​アマラが復帰と同時に、今度はホームズさんがキャスター席から消えました。
それが12月の半ば前ぐらいでしょうか。
​アマラさんがそこそこ長く不在だったので、ホームズさんも週単位でお休みかなあと、ホームズファンゆえに寂しく思っていましたら、日本時間12月25日の月曜の朝に登場。
​しかも、戦場ジャーナリストを彷彿とさせる髭面で。
​ホームズさんが世界の紛争地域に乗り込むジャーナリストであることは、CNNのアンカープロフィールから知っていました。
​しかし、ニュースアンカーとしてのホームズさんは、日々キリッとスーツを着こなし、時々かけるお洒落老眼鏡もかっこいいビジネスパーソン風なのです。
​それが、突然顔半分以上にひげ・ヒゲ・髭。
人間って、たった2週間ぐらいでこんなに髭が伸びるんだ、という第一印象でしたが、次に思ったのが、「どこ行ってたんだ?」
アンカーはニュースを伝えるのが仕事ですから、プライベートな話は番組中にしません。
ましてや、なぜかアマラさんが横にいない。
​一人体制下では、黙々と本来の目的である世界のニュースをお届けする、という任務に徹するのみです。
​アマラー、明日は帰ってきてホームズさんの髭面をツッコんでよー。
という願い空しく、ホームズさんは25日の朝に登板したきり、また消えてしまいました。
その後本日までアマラさんの一人体制。
​明日は土曜で大晦日は日曜というわけで、もう年内は番組ないじゃん!

​CNNインターナショナルの番組編成も、年末進行なのか通常とは異なります。
​ニュースを読む時間がそんなに割かれていないために一人で着席なのかもしれません。
では、ホームズさんはどこへ?
年始には帰ってくるのか?
​ボリュームアップした髭面で?

新年はアマラさんとまた二人で朝の顔としてニュースを伝えていただきたいです
​(収録しているアトランタでは夕方というか夜の顔のようです)。







 
| 英語 | 22:00 | - | - | | |

♯ 約15ヶ月

英検1級に合格しました。
​2016年の8月から勉強を始め、証書を手に入れるまでに約15ヶ月。
​この間、一次の筆記には2度、二次の面接には1度落ちました。
​今回、二度目の面接にあたるわけですが、別に手応えがあったわけではありません。
​前回よりは場に慣れていた分、緊張の度合いは低かったな、だから面接官とのやりとりはスムーズだったな、という程度です。
​もう一回ぐらい受けなアカンやろ、と思っていたところに、でっかい封筒が。

​開封しなくても、「合格証在中」と書いてますので、受かったことは一目瞭然。

​相方が郵便受けから持ってきて渡され大歓喜、の展開でよかったです。
​自分が郵便受けで見つけていたら、マンションのエントランス中に響く声で「ひやっほおおおおおおお!」と叫んでいたわけですから。
封書には、TOEICのスコア表とは比べ物にならないくらい、正式な合格証が収められています。
​まあ、TOEICには合格不合格というものがありませんので、それを求めること自体間違っているのですが、900点を超えたときは正直何か欲しかった。爆
で、今後ワタシの人生でこの証書を活用することがあるのかどうか、ですが、それはまったく分かりません。
​履歴書の資格欄に添付する必要性が出てくることがあるのか否か。
​なにぶん、準一級ホルダーではない、まったくの初心者英検合格者なため想像が浅いです。
​通訳試験を受験するときには提示を求められそうでありますが、通訳になる気は今のところない。
​額縁に入れてでも飾っておきましょう。

| 英語 | 22:00 | - | - | | |

♯ 即戦ゼミ3

このブログにもちょいちょい出てくる『即戦ゼミ3 大学入試英語頻出問題総演習』。
​これを今、必死こいてまたやり直しています。
​20ウン年の歳月を経て、再度ページを捲りますと、どれだけ自分が英語の基本を失念しているかに驚かされます。
構文、イディオム、そして文法・語法。
この参考書は、本当に隅々まで網羅してくれています。
​今の受験生たちに声を大にして言います、この参考書は君を助けてくれる!と。

今でも書店の英語参考書コーナーでは、平積み扱いされている即戦ゼミ3であります。
​ペラペラと見てみますと、レイアウトにも問題の傾向にも大きな変化はなく、買いたい衝動にかられます。
​しかし、ワタシが最も欲しているのは、本体ではありません。
音源なのです。
​大人になってから買った英語のテキストブックには、必ずCDやダウンロードできるように音源が付いてきました。
​それをウォークマンに入れ、散歩がてら聞いたり、移動中に流したりしています。
​耳から入れるというのは、英語学習には必要だと思うのです。
なのに、即戦ゼミ3は、大学入試が目的だからか、ダウンロードさえもありません。
うーん、音源が欲しい、ネイティブの声が欲しい。

もし、この先出版される改訂版に音源が付くのであれば、ワタシは喜んで買います。
桐原書店さん、即戦ゼミOGの意見をどうか聞き入れてくださいませ。
絶対、現役受験生の役にも立ちますから。

| 英語 | 22:00 | - | - | | |

♯ 穴があったら入ります

「TOEIC」と検索かけますと、個人ブログやらスクールやらわんさとサイトが出てきます。
​毎日検索しても、上位の顔ぶれが異なるぐらい、日々誰かがTOEICについて情報を発信している昨今。
ところがどっこい。
​「英検1級 二次面接」と検索かけても、とにかく引っかかるサイトが少ない!
​同じ人物のブログが毎日ヒットされるだけ、といった状況であります。
​攻略法がどっかに落ちてないものか、と探すも、本当に見つかりません。
​英検は2級まではそこそこ受験者もいるようですが、その後はTOEICに移行するようで激減です。
​だから、ブログが少ないのでしょう。
​そんな情報薄な中、本日面接を迎えました。
「英検1級をお持ちの山口美江さんです」とかつてバイリンガルの代名詞扱いをされていたものに、なんで挑戦しているのだろう。。。と自問の日々。
まったく余裕がないものですから、付け焼刃的に猛勉強するしかありませんでした。

ひたすら時事問題を日英両方で読み込んで頭に入れ。
ひたすらネイティブの前でスピーチをし。
​ひたすらダメ出しされる。
ひたすら英語の構文書をやっつけ。
​ひたすらレコーダーに自分の会話を録音し聞き直す。

そんな日々を3週間過ごしました。
無理! と、何度思ったことでしょう。
自分でも、なんで筆記に受かったのか分からなくなってきました。

​面接に関しては、英検さんへの守秘義務とかがありそうなので詳しいことは言えませんが、受験後の感想としましては。

穴があったら入ります。

普通、そのミスします?という超基本的な点で大間違いをしてしまいました。
もう、面接の途中で自ら大笑いしたほどの爆ミスです。
​その時点で、自分の不合格は決まりましたので、あとは野となれ山となれの面接後半戦であります。
まあ、人間緊張が取れますと、ベラベラ喋れるものですね。
​不合格なんだから文法だってどうでもいい、とにかく喋ってまえ、みたいな展開になりました。

で、試験後、帰宅途中に突然カラダがだるくなってきまして、筋肉という筋肉が痛い。
這う這うの体で自宅に着きましたら、ぶっ倒れました。
なんと発熱、それも38.5度超え!

​身の程知らずの受験で、ただいま身がボロボロに疲弊中。




 
| 英語 | 22:00 | - | - | | |

♯ さーどーしよー

英検1級の筆記試験に合格しました。
受かると思っていなかったので、「ドメ子、さーどーしよー」です。
​英語での面接試験など、大学4年生のときに国連英検のB級で受けて以来であります。
​あれは国連英検、今回は英検。
​自分の中で免疫がなさすぎます。

それ以前に。

​何度もこのブログでも嘆いているように、ワタシの会話能力はまったくもって1級に値しません。
​先日、ロンドンっ娘のシンシアちゃん(仮名)とお喋りしていたときに指摘されたのが、
「前置詞が抜けてるか、間違ってること多いよ。ワタシだから何を言いたいか理解できるけど、他のネイティブだったら意味通じないと思う」。
自分でもそう思う。爆
前置詞だけでなく、文法ミスは本当に多いのがワタシの英語。
​大学受験時に、当時バイブルと言われた桐原書店の参考書を徹底してからというもの、文法は軽視してきました。
​日本人は英文法に強い、なんて巷でよく言われ、その言葉に甘んじていたらこんな体たらくになってしまったという状況です。

​マジ、英検1級の面接試験対策ってどうすれば?
克服しなくてはいけない問題が山積みであります。
その1. 発音が絶望的
その2. 文法がメタクソ
​その3. ノリで話がち
​その4. 取り扱われるトピックが難しすぎて話すことができない

その4.に注目です。
​新聞やニュースなどで見聞きする限り、中学高等学校で英語の授業改革が叫ばれているようです。
​これまでの受け身型ではなく、発信型を推進していこうと、英語での議論スタイルを導入するだのなんだの。
​これは英語学習を30ウン年してきた人間の意見に過ぎませんが。

英語で議論する前に、日本語で議論できるようになれ。

であります。
日本語でテロ問題、格差社会、遺伝子組み換え、宇宙ビジネスなどについて自分の意見を述べられなければ、外国語でなんて無理。
​そういったディスカッションは、昨今の教育現場で盛んなのでしょうか。
​生徒一人一人、自分の意見を持っている? 考えている? 調べている?
​肯定派と否定派に別れて、一つの事柄について論じられるのであれば、英語でのディスカッション授業も生きてくるでしょう。
​正直、議論やスピーチの方法などをまったく教わらずに大人になってしまったゆえに、ワタシはただ今、途方に暮れることもしばしば。
トピックが自分にとってあまりにも門外漢すぎますと、どこから突いていけばいいのか分からなくなります。
​自分の考えを事実と絡ませながら、どのように発展していくか。。。

​結局、英語を使えるっていうことは、自分の意見をきちんと表現できるかどうかってことなんだな、と改めて思います。
どんな事柄に対しても無視せず、自分の意見をまず持つ。
​これが前提。
ドメ子の英検1級面接試験、前途多難であります。




 

| 英語 | 22:00 | - | - | | |

♯ 3回目

人生3回目の受験となります英検1級。
​座席よし(通路側の出入り口付近と決めています。万が一お手洗いに行きたくなった場合に便利)。
​耳栓よし(門外漢な分野のリーディングにとことん集中するための秘具)。
​ダウンベストよし(季節は6月ですが、試験教室内がエアコンでキンキンになることもあるので)。
備えられることは完璧です。
しかし、試験結果は完璧に程遠かった。

前回、1月の試験で落ちて以降、自分なりに対策を考え、プロの手を借りることに決めました。
​これまでもライティングやリスニングでは、ネイティブのふっさふさな、時に筋骨隆々な手という手を借りてきました。
ネイティブにはこれまで同様に助けてもらうとしまして、問題は長文読解能力をどう上げていくかです。
コツを掴みたい。
​近道をしたいのではなく、とにかく「こういう風に読んでいくのです」という指導が欲しいのです。
ケッ。
そんなことは、20ウン年前に大学でみっちり教えてもらってきただろうに、なーんも血肉になっとらん。
怖いねー、それでも卒業できたってのが。

本筋に戻ろう。
​とにかく眠くなるような英文の筋を素早く掴むのはどうすればいいのか。
​ということを学びたく、とんでもないハイレベルな世界に身を投じたのです。
​今、英語のプロ、すなわち同時通訳者や翻訳者の日本人に英語を教わっています。

果たして英語力は上がっているのか、ですが。
​今回英検を受験した手応えからしますと、少しは効果ある気はします。
​なんなんだー、と頭を掻きむしりたくなるような難解な問題に対して、戸惑うことは明らかに減りました。
日頃使っている教材の方が、わけ分からんという状況になっているからです。
そして、英語のプロに教わるようになって実感したことが、

TOEICのスコアは英語力をあらわさん。

​TOEICのスコアが低かった頃は、900点代の人はどんだけ流暢に話せるんだろう、どれだけスラスラ英文を読めるんだろうなどと憧れを持って見ていました。
​それが実際、自分がコンスタントに900点越えをするようになって気付いたこと。
なんてワタシの英語力は低いんだ。
​ドメ子だからなのかなんなのか、流暢になんて話せてないですし、それ以前に発音が悪すぎてネイティブに通じないことが多々あります。
​英語を書く能力も低いですし、これがTOEIC英語なんだな、と愕然とするばかり。

​今の一つの目標は、英検1級を合格する道程で、新たな勉強をし、包括的に英語を習得するということです。
​とうてい今の状態では、TOEICスコアを人に言うことはできません。
めっちゃ使える人、と勘違いされる可能性が大きいですから。
​それ、災難。

 
| 英語 | 22:00 | - | - | | |

♯ クッキーの種

アメリカでは、どうやらオーブンで焼く前のクッキー種を食べるらしい、と相方が言います。
それって、一番やっちゃいけないことなんでないの?と、クッキー文化が浅い国の人間は眉根を寄せます。
​だって、小麦粉とバターと生卵と砂糖をぐっちゃぐちゃに捏ねたものです。
ベットベトな食感は、そもそも美味しくないであろうし、考えただけで口の中が変な汗を掻きます。
​食うわけないじゃん!と、一蹴したものの、友人のグーグル君で調べてみましたら、

どうやら、食うらしい。

​アメリカでもこのところは、焼かない小麦粉は不衛生だし、生卵にはサルモネラ菌がウヨウヨいるしということで、生のクッキー種は食うことなかれと注意しています。
​しかし、子供の頃から口にしてきた皆さんは、今になってやめられるわけないじゃん、ってか今まで大丈夫だったんだし、低温殺菌卵を使っているから大丈夫です〜、と反論の嵐。
結果として、何か起こっても自己責任ってことでいいんでしょ?と、開き直っておられます。
​確かに、自己責任で済ましてくれるのであれば、口にするのは自由です。
​ただ、国としては、口にして病院に運ばれた症例が少なからずあるので無視はできない、注意はしときます、はいしましたよ、という流れなのでしょう。
​ワタシの想像力が貧困なので、そんなもん普通は口にできませんって思いますが、案外美味なのかもしれません。
​いや、でも、やっぱ焼こうよ、サックサクの方が美味しいからってと思いますが。

このことを、先日、アメリカから来日していた友人夫婦に尋ねようと思っていたのに、すっかり忘れていました。
​2日も一緒に過ごしたというのに、一緒にデパ地下まで行ったというのに、まったく思い出さなかった愚脳。


ねーねー、食べるのかしら?
どーなのどーなの。
​生のアメリカ人の声が聞きたい。


 

| 英語 | 22:00 | - | - | | |

♯ S&W

3月5日に受験しましたTOEICのスピーキングとライティング(以下S&W)テストの結果が送られてきました。
​スコアだけは、数日前にネットで発表。
初めての受験とは言え、そのスピーキングの低スコアにしばし固まりました。
​期待はまったくしていなかったものの、見積もっていた数字より10%以上も低かった。爆
​そんなに致命的な発音なのか!と、これまでこの発音でよーよーと話していたかと思うと羞恥にまみれます。
​しかしながら、今回送られたきた詳細な結果を見ますと、発音レベルは「普通」の域に留まっていました。
​この域は、全体の80%が属するのですから、これ以下になりますとかなり凹みますが。

​スピーキングのスコアが伸びなかった理由は、正確な英語を話していないことだと判明しました。
要は、いい加減英語でその場を乗り切ってるね、ということ。
​発音も、単なるリーディングでしたらそんなに悪くはないようですが、自分の意見を発するときに使う英語では、でたらめになるようです。
​確かに、英会話を録音しますと、適当な英語をベラベラ喋ってんなあ、と呆れますから。

​ライティングの方は、気持ち悪いくらいスコアがよかったです。
​最後まで書ききれていない問題がいくつかあったにもかかわらず、見積もり点より高かった。
おそるべし、英検1級学習。
英検1級の勉強をしていなかったら、このスコアは出ていなかったと確信しています。
​あの面倒くさすぎる英検の英作文をここ半年挑戦してきたので、正直、TOEICのライティングはマイルドに思えました。
身の丈に合った内容って感じ。
たぶん、ライティングのスコアは履歴書に書いても印象は悪くならないと思います。
​スピーキングは「受けていません」と言って、なかったことにしたい。

 
| 英語 | 22:00 | - | - | | |

♯ 色気

大相撲春場所、大阪場所が始まりました。
​先場所休場していた解説の北の富士さんが無事復帰。
​少しお痩せになられたようで、一回り小さくなった感じがしますが、舌鋒の鋭さは変わらず。
​北の富士さん抜きの大相撲はダシのない味噌汁みたいに味気ないので、今後のことも考え、ご無理はされないように願います。

今場所の世の注目は、新横綱稀勢の里と、新入幕の宇良、この二人に尽きるでしょう。
だから、チケットが取りにくいと言えます。

​個人的に注目しているのは、十両の小柳です。
この色気はなんなんでしょうね。
確か、25歳にもなっていないはずなのですが、大人の男系のエロさが漂っています。
​同部屋の正代よりもエラそに見えるのも、醸しだす雰囲気が熟しているからでしょう。
一押し。
​幕内ですと、北の富士さんの孫弟子にあたる北勝富士。
魁皇さんに似てません? 彼。
​だからでしょうか、彼も20代前半には見えず、三十路と言われても納得の風貌。
ですが、彼の取組は青年らしく真っすぐで、ええもん見たという気にさせます。
​少しづつ、少しづつ、番付を上げ、気付いたら三役定着、そして大関という関取街道を歩みそうです。
​ずるっこ相撲しない限り、応援していくよ。

​今場所驚いたことの一つに、呼び出しの大将君がおシャレ髪型に変化していたこと!
​坊主を貫いていたというのに、二十歳前にして前髪を作り始めました。
彼女でもできたか。
​童顔大将君は年上キラーと思いますので、案外濃ゆい彼女がいたりするのかもしれません。
​『相撲』もしくは『相撲ファン』、『相撲ジャーナル』でもいいので、大将インタビューをお願いします。

 
| 英語 | 22:00 | - | - | | |
| 1/9PAGES | >>
≡ PROFILE ≡
≡CALENDAR≡
<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
≡SELECTED ENTRIES≡
≡CATEGORIES≡
≡ARCHIVES≡
≡COMMENTS ×
≡TRACKBACKS ×
≡LINKS≡
≡RECOMMEND ×

 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]