「おいしい写真屋さん」による作品展のお知らせや、
書評、日々思ったことなどなど
<< 東小橋公園 | main | 大相撲展 >>

♯ 2018年大阪場所_その

先行前売りで、期待していなかったにもかかわらず、第一希望に当たった今年の大阪場所。
​日本人横綱誕生直後の昨年など、先行ですべて外れ、前売りでなんとか椅子席を確保したというのに。
​相撲熱も落ち着いたと見れます。
で、今年は向正面の升席で観戦となりました。

​9時前に会場である大阪府立体育会館に到着すると、呼出大将君がエントランス前で作業中でした。
​寄せ太鼓に専心というわけではなく、どこからどう見ても、作業。



​チケットのもぎりは、宮城野親方でした。
横綱白鵬が在籍する部屋の親方です。
​今回、向正面を望んだのではないですか、先行前売り当選の結果、テレビに映る確率がすこぶる高いこの升席となりました。
​そこそこ後方なので始終映る可能性はないですが、カメラが引きで撮りましたら豆粒程度で映るな、という位置です。

​序の口の取組はすでに始まっており、今日も服部桜を見逃しました。
​しかし、席にいったん荷物を置いてからお手洗いに行った際、帰途につく服部桜と遭遇。
目下、角界で最も弱い地位にいるにもかかわらず、表情は穏やかに見えました。
​報道通り、本当に相撲そのものが好きだからの、その顔つきか。

​NHKでテレビ放送されない幕下以下(三段目も上位の何枚目かは映りますが)は、なかなか力士を詳しく知る機会がありません。
​なので、観戦するときはいつも名鑑を持っていきます。
​おもしろい取組をした力士ですとか、失礼ながら髷に勢いがない力士を即座に調べて、情報を蓄えるのです。
そんな中、気付いたことは、一目でこれはなかなかの肉付きだぞ、と思う力士の大半が200キロを超えています。
つまり、人間、200キロを超えると「普通じゃないぞ」と見てしまうのです。
​その反対に、ソップ型すぎる力士も「大丈夫か」という意味で注視してしまいます。
脂肪も筋肉もまだ全然ついていないのに、髷にまわしという彼ら。
​不思議な存在に映ります。


 
| 相撲 | 22:00 | - | - | | |
≡ PROFILE ≡
≡CALENDAR≡
<< August 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
≡SELECTED ENTRIES≡
≡CATEGORIES≡
≡ARCHIVES≡
≡COMMENTS ×
≡TRACKBACKS ×
≡LINKS≡
≡RECOMMEND ×

 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]