「おいしい写真屋さん」による作品展のお知らせや、
書評、日々思ったことなどなど
<< 学会 | main |

♯ 2018年9月場所

稀勢の里が8場所連続休場から復帰し、10勝するとは! と驚いた9月場所でした。

 

●嘉風さん
先場所、2勝13敗と、本人以上に相撲ファンが絶句した成績で終わった嘉風さん。
絶対ズルっ子相撲をせず、相手が格上だろうとキレッキレの立ち合いで男前な取組を見せるベテラン力士です。
36歳という年齢とは関係ない肉体を維持しているし、何なんだろうと今場所も初日から心配でした。
幕内上位か、悪くても10枚目前後が定位置の嘉風さんが、西前頭15枚目。
そういうわけで、今場所は力の差を見せつける15日間となりました。
結果11勝4敗の二桁勝利は嘉風さんなら当たり前。
良かったー、負の連鎖からスッパリ抜け出たー。

●大露羅君
史上最重量力士の大露羅君(山響部屋)が、引退です。
292.6キロは、小兵力士の約3倍、標準力士の約2倍。
土俵に上がった時の「普通じゃない感」は際立っていました。
18年半前の入門時、すでに200キロは越えていたようです。
ロシア人でも、このサイズはなかなかなものかと。
関取経験がない力士だからか、断髪式を引退発表した直後の千秋楽に行っていました。
これからは日本とロシアを股にかけたスポーツイベント関連の仕事に就くそうです(『相撲 No.888』より)。

●式秀親方
今場所から、NHKの解説陣の面々が少し変わりました。
これまでは十両専門だった甲山親方が、幕内の向正面からも関西弁で喋りまくっています。
幕下の解説をされていた式秀親方が、十両で登板です。
長らく審判部だったこともあってか、解説はとても理論的で分かりやすい。
のですが。
アナウンサー相手に技を実践し始め、またその技がテレビ画面上では見えにくい。
それでも本人は熱が入ってますから、お構いなしに技をかけながら説明をされる。
おもろかったです。

●豊ノ島氏
元関脇。
2年前の怪我により幕下に落ちていたのですが、今場所幕下筆頭で勝ち越しました。
幕下の全取組7番中の4番目で勝ち越したものですから、もう休場しなはれ、と思った相撲ファンもいたはずです。
残り3番で怪我して復帰できないというのはやるせなさすぎますから。
しかし、結果的には6勝をマークし、これだけの成績でしたら十両のそこそこな番付で九州場所は迎えそうです。
35歳で再十両は、なかなかな記録ではないでしょうか。

●高須先生
Abemaの幕内ゲストとして、高須クリニックの高須先生が初登場。
両国国技館で行われる場所では、必ず向正面で一日は観戦されています。
懸賞も固定ではないにしろ、毎場所どこかで「yes!」「高須」「クリニック」と3本見かけます。
かなりの好角家なのは言わずもがなです。
Abemaのアナウンサーもここぞとばかり、裏話を引き出そうとします。

懸賞は、大物力士ではなく、頑張っているなあという成長株にかけるとか。
ゲスト当日は錦木君に出していました。
そして、整形外科医なだけあって、相撲の見方は骨中心です。
こういう怪我をしたら骨がどーたらこーたらで。。。と、骨談義。

武井壮が筋肉なら、高須先生は骨と、Abemaの相撲中継は絶対NHKとかぶらない内容です。

●宇良君

怪我で、去年の九州場所から休場していた宇良君。

前頭4枚目から6場所休み、三段目91枚目まで降格となりました。

楽勝じゃね? 優勝すっかもな。

という下馬評が多かったと思いますが、1敗してしまい、優勝はならず。

それでも、91枚目で6勝1敗の成績ですので、来場所は三段目上位なことは確実です。

この1年でかなり肉々しくなったのですが、俊敏な動きは変わらず。

土俵を大いに使って、会場を湧かせてもらいたいです。

 

| 相撲 | 22:00 | - | - | | |
≡ PROFILE ≡
≡CALENDAR≡
<< October 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
≡SELECTED ENTRIES≡
≡CATEGORIES≡
≡ARCHIVES≡
≡COMMENTS ×
≡TRACKBACKS ×
≡LINKS≡
≡RECOMMEND ×

 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]