「おいしい写真屋さん」による作品展のお知らせや、
書評、日々思ったことなどなど
<< 金沢城 | main | 令和元年9月場所_前半 >>

♯ アスハダ君

今年の学会は東京で開催だったので、宿泊することに。
そして、9月と言えば、9月場所。
場所が始まってしまうと朝稽古は見られませんが、場所前であれば、猛稽古を見ることができます。
朝6時半にホテルを出発し、気軽に見られる荒汐部屋へ向かいました。
浜町から徒歩2分。
すでに部屋の前には数人のYOUが。
ロンプラに掲載されているのかもしれませんが、みなさんこんな早朝からいらっしゃるとは、日本文化を見ることに貪欲であります(時差ボケでいまだ活動的な時間帯なのかもしれませんが)。

丹治君、でか!
生丹治君を見るのは去年の5月以来ですが、テレビで見る限りでは、まだ華奢に映っていました。
それがそれが、こんなに肉付き良くなっているとは、ただただ驚くばかりです。
荒汐部屋、メシが旨いのか。
耳を負傷しているようで、包帯をグルリと頭に巻いています。
それでも背中にべっとり土が着いているところを見ますと、激しい稽古はしているようです。
てっぽうに精を出してもいますし。
にしても、やっぱイイ男。

昨日、部屋の顔である蒼国来関の日本国籍取得が報じられていました。
だからか。
1部屋1外国人力士が原則の中、アスハダ君が研修生として受け入れられている理由はそこなのですね。
って、アスハダ君がどこのお国出身なのかは知りません。
顔の系統からして、モンゴルかしら?という推測。
角刈りで、体はデカいです。
んで、強い。
三段目ぐらいの力士まででしたら、どんどんやり込めます。
押す力が強いんですね。
おそらく、来場所に前相撲ではないでしょうか。
有望です。


仁王立ちの丹治君茵‥敝狂かって左がアスハダ君

| 相撲 | 22:00 | - | - | | |
≡ PROFILE ≡
≡CALENDAR≡
<< September 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
≡SELECTED ENTRIES≡
≡CATEGORIES≡
≡ARCHIVES≡
≡COMMENTS ×
≡TRACKBACKS ×
≡LINKS≡
≡RECOMMEND ×

 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]