「おいしい写真屋さん」による作品展のお知らせや、
書評、日々思ったことなどなど
<< 大腸内視鏡検査_その | main | 番付発表 >>

♯ 令和元年11月場所

●宇良君
カムバック。
しかもムキムキになって帰ってきました。
序二段下位降格は単に怪我のせいなので、完治は難しいでしょうが、よくなれば土俵に立てるわけです。
前頭上位経験者、しかも金星も一つ。
そんな宇良君の初日の相手力士は逃げるが勝ちのように負けてました。
今場所は、物言いがついた際どい相撲で黒星がついた宇良君ですが、6勝を挙げています。
来場所三段目とはいかないでしょうが、取組を見られるだけで幸せなので、とにかく出てくれれば結構。

●丹治君
序二段二十枚目辺りで勝ち越しってことは、これ、来場所三段目上がりますね〜。
想像していたより、力がつくのが早いです。
まだまだソップ型なので、序二段で苦労するかと思っていたのですが、いい相撲を毎回取っています。
ちょっと体重差のある相手ですと簡単に押し出されていた丹治君ではもうありません。
見事なあんこ体型相手に粘る!
若いから粘れる!
焦らず、実力をつければ、きっといい力士になると見ています。

●刃力さん
ばりきさん、序の口で勝ち越しました。
来場所は序二段です。
ワタシの目には、ペチペチ相撲に映るのですが、それでもかつて三段目で相撲を取っていただけあって、ちゃんと勝てます。
よくよく考えてみたら、蹲踞もできなければ、普通に歩くこともできないほど股関節を痛めていて、満身創痍なんでものではありません。
スポーツ禁止令を言い渡されてもおかしくない人です。
それでも、相撲がしたいから土俵に立つとは、そりゃあファンも増えます。
序二段は厳しいかもしれませんが、出てください。

●淡路海君
引退とは仰天ニュースでした。
田子の浦部屋の若手力士で、稀勢の里の付き人をやっていた淡路海君。
稀勢の里が引退したからといって、彼の相撲人生が変わるとは思っていなかったのですが、決断しました。
しかも、再就職先が園田競馬場。
馬の世話をするそうです。
田子の浦部屋の大阪場所の宿舎が今年から園田競馬場内になり、その縁でこういう展開になったらしい。
いいと思う、この流れ。
早起き必須で、力仕事で、力士人生を無駄にしない仕事だと思います。
楽しく生きていってください。

 
| 相撲 | 22:00 | - | - | | |
≡ PROFILE ≡
≡CALENDAR≡
<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
≡SELECTED ENTRIES≡
≡CATEGORIES≡
≡ARCHIVES≡
≡COMMENTS ×
≡TRACKBACKS ×
≡LINKS≡
≡RECOMMEND ×

 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]