「おいしい写真屋さん」による作品展のお知らせや、
書評、日々思ったことなどなど
<< フラーっとした女子大生 | main | ウナギ、天から授かる >>

♯ フィレンツェへオペラ留学

高校時代の友人が、その後オペラ歌手としてステージに立っていることは知っていました。
在学当時からクリスマスなんかの宗教的行事のときには体育館で美声を披露し、
みんな聞き惚れていたものです。
小さい体ながらにあの声量、初めて聞いたときには全身に鳥肌が立ちました。
「やっぱりね、当然だワ」と、オペラ歌手としてのキャリアに納得です。

そうなったら、じっくりコンサートで聴きたいじゃない?というのが人の常。
あの当時に比べたらちったあこちらの耳も肥え、オペラに失礼ではない聴衆者になっているハズと、図々しいながら思ったりします。
なーんて、ただ純粋に、清らかな歌声に身をまかせるのは心地よいことなので、
堪能したいだけなのですが。
しかし、はてさてどうやったら彼女のコンサートスケジュールを掴めるかしら。。。

と思っていたところに、彼女自身とひょんなことから連絡が取れ、
なんと、今はオペラの聖地イタリアはフィレンツェにいるとか!
本格的にオペラの勉強をしているのですね、単身渡伊して。
イタリア!
フィレンツェ!
びっくらこきました。

もう、どれだけの人間に、
「フィレンツェは最高だよ、絶対行きなさい」と絶賛の嵐を浴びせられた上に、
推奨されたことでしょう。
ゲイの英語講師アーロン君などかつて、フィレンツェ以外に行くこたあない、
イタリアはフィレンツェだけで十分、と得々と語ってきました。
まだまだ未踏の身なので、いったいフィレンツェがどうしてこうも人を魅了してやまないのか謎ばかりなのですが、
現地に知人がいるとなれば話は早い!
行けばいいじゃないか!

と、話はそんな短絡的には進むほど世の中甘かない。
だいたい彼女はオペラを極めるという目標がある身。
邪魔はできません。
しかし、幸運なことにブロガーである彼女は、
写真入りで生のフィレンツェを伝えてくれてます。
やったね!
しばらくは、そこでフィレンツェをお勉強しましょう。

いつ彼女が国内のステージに立つかは分かりませんが、
本場イタリア仕込みの天使の歌声、楽しみで仕方ありません。
柔軟な彼女のことですから、今は目一杯いろんなことを吸収していると思います。
こちらも、生半可ではなくも〜っと耳を肥やしておかないといけませんね。
| 日常 | 10:41 | comments(2) | trackbacks(0) | | |

♯ コメント

おぉぉ ブログをのぞいてみたら、私の事が!
しかも立派に書いてくれて(涙)
ありがとう! やる気がでてきたわ!

フィレンツェ。
住んでる私も、なぜそれほどみんなに愛されるのか
とても不思議。
他にもいいとこいっぱいあるのにね。
小さな街で、歴史がそのまま残ってるからかな。

どういうところが みんなに愛されるのかを、私も研究中。
| aoi | 2008/05/18 8:16 AM |
立派なんてそんなご謙遜を。笑
フィレンツェの大聖堂なんかで歌声響かせる日にゃあ、
何が何でも駆けつけますわヨ〜。
| m | 2008/05/18 9:43 AM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

≡ PROFILE ≡
≡CALENDAR≡
<< September 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
≡SELECTED ENTRIES≡
≡CATEGORIES≡
≡ARCHIVES≡
≡COMMENTS ×
≡TRACKBACKS ×
≡LINKS≡
≡RECOMMEND ×

 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]